ともまろの徒然ブログ

子宮頚がんを患ってしまった私。その日その時思った物事を書き綴ってみる場所。

再入院

7/3夜、38、5度の発熱に気付きこれはまずいと早めに就寝。

暑い夏の夜なのに寒気がして、毛布をかけて就寝。

夜中に腹痛に気付くも朦朧と寝たり目覚めたりの繰り返し。

途中で暑くなり、長袖のパジャマを脱いだ。

翌朝、お腹の痛みがかなりの激痛だと気付き、起き上がれない程に。

脂汗も尋常じゃない。

とても朝ごはんやら子供の相手が出来ず、夫くんに丸投げして、ソファにヘタリ込む。

その私の様子が異常だと思ったのか、素直に言う事を聞いてくれた夫くん。

とりあえず上の子は時間が来たら勝手に出かけて行ったが、次女の園バスの送りを夫くんに行ってもらってとりあえず一安心。

次女を送って帰宅した夫くんに病院へ行く様に言われたが、とても動ける状態ではなかったので、不覚ながら救急車を呼んでしまった。

救急車が来る間に、かかりつけ病院に電話して救急外来とのリンクも完了。

無事に受け入れてくれた。

カルテもあるし、病院に着いてしまえばスムーズだった。

しかし救急車。。。

我が家はマンションなんで、野次馬が下を覗いている(T-T)

恥ずかしいが緊急事態なので、ここは救急隊に甘えて運んでもらった。

パート先にも不覚ながら休む旨を連絡した。

そして救急外来で色んな処置を経て起き上がれないそのまま入院となってしまった(T-T)