ともまろの徒然ブログ

子宮頚がんを患ってしまった私。その日その時思った物事を書き綴ってみる場所。

漢方の先生を尋ねる①

日曜日の朝から珍しく高速を走行。

近江八幡へ。

姉の紹介で、AHCCと言う漢方を飲んでいるんだけど、取り扱っているお店の先生の診断を受ける為に2時間程ドライブ(^_^)

長女が助手として同行。

助手なのか?

邪魔しないでおくれよ。。。

幸い、道中混んでおらず、予約の10分前にはお店に到着。

店に入ると奥に先生がいらっしゃり、笑顔で迎えて下さった。

この先生の前職は、病院に薬を卸す薬剤師さんだったらしい。

そこで、色んなお医者さんや患者さんを目の当たりにして、これ違うな、自分のやりたい方向性ではないと思われ、漢方の薬局を開業されたそうで、全国各地へ講演会に駆け回っている多忙なお方との事。

早速、診断カルテ的な用紙に個人情報を記入し、

「1分程度で終わるから」

と、首を傾げたり左右に向いたり、爪を見せたり、掌のツボを押されたりした。

掌のツボは押された場所は痛かった(>_<)

結果、やはり、

私の身体は冷えていて、胃腸の機能が低下している。

ストレスが溜まっている。

的な事を言われた。

「さて、今日は何を聞きに来たの?」

と言われて、

かくかくしかじかで、癌の手術をして、病理検査をしたらリンパ節にガン細胞が見つかったので、転移のリスクがあるから、抗がん剤&放射線治療を予防の為にやろうと言われたけど、断りました。

これから自分はどうケアしていくべきか、ヒントを教えて欲しくて参りました。

と言ったら、

「そもそも、手術をするべきではなかった。

ましてやリンパ節を切除したなんて、逆効果だ。

リンパ節にガン細胞があるのは当たり前なんだよ。

リンパ節は、いわば、癌細胞の屠殺場なんだよ。

屠殺場を取ってしまっては、そりゃ癌は転移しやすくなるわな。

全く、、、これだから医者は分かっていない。」

と言われた!!

なんと!

そんな解釈だとは!!

わーーーー(>_<)

後悔先に立たずとはこの事か。。。

しかしもう取ってしまったものは仕方ない。

これから再発しない手立てを教えて下さい!!

と言うわけで、1時間半程のレクチャーが始まりました。


つづく。。。