ともまろの徒然ブログ

子宮頚がんを患ってしまった私。その日その時思った物事を書き綴ってみる場所。

精密検査

言われるがまま、すぐさま地下階にあるというMRIの検査室へ行った。

何人か待っていたけど、先生の言った通りすぐ私の番になった。

その後も数々なカテゴリーの検査を受けて、最後にまた先生の診察へ。

入室すると、さっきのMRIの結果の画像を観ながら先生が実にためらいもなく、

「じゃ、お話ししちゃうね」

と、話が進められる。

今日の検査の結果で全てが決まるけど、ここまでの現時点で、ステージⅠb1と思われるとの事。

手術で取りきれるレベルで、命がどうとかまで追い詰める必要はないと。

手術は、首位全摘&リンパ節と片側卵巣切除と広範囲であるとの事。

全摘だと入院は一週間〜10日程で、根治の可能性が非常に高いとの事。

他には、臓器温存で、放射線治療のみでもイケるらしい。

そうなると一ヶ月半入院か、毎日通院の必要がある。

選ぶのはともまろさん次第です。

との事。。。

いきなり放射線のみで突き通すのはな。。。

幸い私は、子供を生み終えた中年アラフォーだし、子宮に別れを告げて、さっさと邪悪の根元を取り切って欲しい!!

と言う結論に至りました。